Logo header

S S

持続可能な調達の実現に向けたサプライチェーンマネジメント

方針・基本的な考え方

ニチレイグループは、2022年4月1日より、持続可能なサプライチェーンの構築に向け、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」や国連グローバル・コンパクトの10原則等に則り、グループ人権方針および持続可能な調達方針の改定およびサプライヤーの皆様に向けた行動規範・ガイドライン等を制定しました。これらはニチレイグループサステナビリティ基本方針「ニチレイの約束」に基づき、当社が特定した重要事項(マテリアリティ)「持続可能な食の調達と循環型社会の実現」の根幹をなす方針となっています。今後、「ニチレイグループサプライヤー行動規範・ガイドライン」をサプライヤー様に適用していただくための取り組みを進めていきます。サプライチェーン上のリスク要因を把握し、事業への影響度に応じて、サプライヤー様と協働で改善に取り組んでいきます。
グループ内はもとより、サプライヤーの皆様との価値観の共有と密接な協力関係の構築を通じて、持続可能なサプライチェーンの実現を目指します。

方針名 改正・制定のポイント
ニチレイグループ人権方針 自社およびサプライチェーン全体に関わる人権の尊重、人権デューデリジェンスの実施、苦情処理メカニズムの導入 など
ニチレイグループ持続可能な調達方針 サプライチェーン全体に関わる人権の尊重・環境負荷への低減・動物福祉や生物多様性への配慮 など
ニチレイグループサプライヤー行動規範 「ニチレイグループ持続可能な調達方針」に基づき、ニチレイグループのサプライヤーであるお取引先様に遵守を要請する事項を明文化
ニチレイグループサプライヤーガイドライン 上記「ニチレイグループサプライヤー行動規範」各事項について解説
株式会社ニチレイ 経営企画部, 株式会社ニチレイ 品質保証部, 株式会社ニチレイ 技術戦略企画部, 株式会社ニチレイ 経営監査部, 株式会社ニチレイ 事業経営支援部, 株式会社ニチレイ 法務部, 株式会社ニチレイ 人事総務部, 株式会社ニチレイ 財務IR部, 株式会社ニチレイ 経理部, 株式会社ニチレイ サスティナビリティ推進部, 株式会社ニチレイフーズ, 株式会社ニチレイフレッシュ, 株式会社ニチレイロジグループ本社, 株式会社ニチレイバイオサイエンス, 株式会社日立フーズ&ロジスティクスシステムズ, 株式会社ニチレイビジネスパートナーズ

マネジメント体制

持続可能な調達は、素材の調達から製造・販売、流通加工、物流までサプライチェーン全体の機能を担うニチレイグループにとって重要な経営課題と認識しています。当社マテリアリティの一つにも設定しており、取締役会の諮問機関であるグループサステナビリティ委員会にて進捗報告・議論を行っています。
また各マテリアリティはそれぞれに目標(KPI)を定めて取組みを進めています。グループサステナビリティ委員会で全体施策のモニタリングを行いつつ、各部門・各事業会社、各委員会の実行計画に具体策を落とし込んでいます。 グループ目標と各事業会社の目標を連動させ、各社の事業計画達成がニチレイグループの社会的価値向上と経済価値向上に直結しています。

サステナビリティ推進体制

サステナビリティ推進体制

株式会社ニチレイ 経営企画部, 株式会社ニチレイ 品質保証部, 株式会社ニチレイ 技術戦略企画部, 株式会社ニチレイ 経営監査部, 株式会社ニチレイ 事業経営支援部, 株式会社ニチレイ 法務部, 株式会社ニチレイ 人事総務部, 株式会社ニチレイ 財務IR部, 株式会社ニチレイ 経理部, 株式会社ニチレイ サスティナビリティ推進部, 株式会社ニチレイフーズ, 株式会社ニチレイフレッシュ, 株式会社ニチレイロジグループ本社, 株式会社ニチレイバイオサイエンス, 株式会社日立フーズ&ロジスティクスシステムズ, 株式会社ニチレイビジネスパートナーズ

取り組みの状況

ニチレイグループでは、事業基盤であるサプライチェーンの持続可能性の取り組みを進めています。「責任ある企業行動のためのOECDデュー・ディリジェンス・ガイダンス」を参考に、当社の事業活動が労働者、人権、環境、贈賄、消費者およびコーポレートガバナンスに負の影響をもたらす可能性があることを認識したうえで、当社事業やサプライチェーンおよびその他のビジネス上の関係に関連する負の影響を回避し、それらに対処するための活動を進めています。

持続可能なパーム油の調達

持続可能なパーム油調達ガイドラインの制定

ニチレイグループは、NDPE方針(No Deforestation, No Peat, No Exploitation = 森林破壊ゼロ、泥炭地開発ゼロ、搾取ゼロ)を支持し、サプライヤーであるお取引先様とともに責任あるパーム油の調達に取り組むため、2023年4月に「持続可能なパーム油調達ガイドライン」を制定するとともに、グループマテリアリティの目標として新たにKPIを設定しました。

持続可能なパーム油への取り組み

ニチレイグループは、2018年8月、持続可能なパーム油の生産と利用を促進する非営利組織、RSPO(Roundtable on Sustainable Palm Oil:持続可能なパーム油のための円卓会議)に加盟し製品に使用するパーム油を持続可能なパーム油にする取り組みを進めています。パーム油を使用しているニチレイフーズの食品工場(国内外の連結対象子会社)では、使用しているパーム油の全量(100%)に該当するRSPO認証油クレジット(ブック&クレーム方式)を2018年から継続して購入しています。
2030年に向け、持続可能なパーム油(RSPO認証油)の調達比率100%を目指し取り組みを進めて いきます。

  • 4-1055-18-100-00

会員プロフィールページ(英文)

https://rspo.org/members/7750

持続可能な水産品の調達

持続可能な水産物調達ガイドラインの制定

水産物はニチレイグループの事業活動を支える重要な資源です。近年、気候変動、乱獲や混獲による生態系への影響、人工的な養殖場のための森林破壊等の生息域破壊、また漁業関係者への人権侵害などの問題が指摘されています。
2023年4月、ニチレイグループではサプライチェーンにおける持続可能な水産物の課題解決に取り組み、サプライヤーやステークホルダーとともに持続可能な社会の実現を目指すため、「ニチレイグループ持続可能な水産物調達ガイドライン」を制定するとともに、グループマテリアリティの目標として新たにKPIを設定しました。

MSC認証・ASC認証の水産物への取り組み

ニチレイフレッシュでは、2006年からインドネシアのカリマンタン島で持続可能なブラックタイガーえびの粗放養殖とマングローブの植樹による自然環境保護活動「生命(いのち)の森プロジェクト※1」に取り組んでいます。その活動をインドネシアのスマトラ島のバナメイえびの養殖池へも広め、2018年にASC認証※2を取得しました。2020年からは、約28万本のマングローブ植樹を実施しています。また、MSC認証※3の水産物の取り扱いも順次増やしており、2023年6月時点では24魚種の水産物を取り扱っています。今後も、持続可能な水産物の取り扱いを増やしていきます。

  • ※1生命(いのち)の森プロジェクト」: https://www.nichireifresh.co.jp/inochinomori/
  • ※2ASC認証:ASC(Aquaculture Stewardship Council:水産養殖管理協議会)による持続可能な養殖水産物の認証
  • ※3MSC認証:MSC(Marine Stewardship Council:海洋管理協議会)による持続可能な天然水産物の認証
ニチレイフレッシュのMSC/ASC認証取得水産物
認証 認証取得水産物
MSC
【認証番号】
MSC-C-52165
カナダホッキガイ、カラフトシシャモ、カレイ類(アラスカアブラガレイ、ウマガレイ、アブラガレイ、シュムシュガレイ、コガネガレイ、カラスガレイ)、サケ類(キングサーモン、シロザケ、ギンザケ、カラフトマス、ベニザケ)、タイセイヨウニシン、アメリカケンサキイカ、マダラ、マガキ、タラバガニ、ズワイガニ、スケトウダラ、ホタテガイ、シマホッケ、アサリ、アラスカメヌケ
ASC
【認証番号】
ASC-C-01632
ブラックタイガー、バナメイエビ、マガキ、タイセイヨウサケ、ギンザケ、ニジマス

(2023年6月時点)

  • MSC認証アラスカ産ベニザケの魚卵を
    加工した水産加工品(塩筋子)
社員食堂から始める「持続可能な水産物を食べよう!」活動

持続可能な食を次世代につなげる大切さについて従業員に知ってもらうため、従業員にとって身近な食の場である社員食堂での活動を始めました。ニチレイフレッシュがCoC認証を取得し、調達販売しているASC認証のえびやMSC認証のあさりを食堂のメニューに採用しました。
2023年度は本社(東京都)をはじめとした関東圏の拠点から取り組み、2024年度はさらに実施拠点を増やし、ニチレイグループ社員食堂でMSC・ASC認証品を使用したメニューを提供していく予定です。

  • 非認証の水産物の混入を防ぐための加工流通過程を管理する仕組み
  • 社員食堂から始める「持続可能な水産物を食べよう!」活動
  • スコレ
  • 千葉みなと
  • GIC
  • 本社
開催日 実施拠点 使用商材 メニュー名 メニュー画像
第1回 2023年7月3日 ニチレイ東銀座ビル(本社:東京)
バナメイえび
ASCガーリックシュリンプカレー
第2回 2023年9月11日 ニチレイ東銀座ビル(本社:東京)
バナメイえび
ASC海老の彩華炒め
第3回 2023年9月27日 ニチレイ天満橋ビル(大阪)
バナメイえび
シュリンプカレー
エビアボカドサラダ
第4回 2023年10月13日 ニチレイバイオサイエンス
グローバルイノベーションセンター (埼玉)

バナメイえび
まるごと海老フライ&ハンバーグ
第5回 2023年10月19日 ニチレイ研修センター「スコレ雪ヶ谷」(東京)
バナメイえび
エビと玉子のチリソース
第6回 2023年11月2日 ニチレイグループ 技術開発センター(千葉)
バナメイえび
エビと玉子のチリソース
第7回 2023年12月1日
(創立記念日)
1)ニチレイ東銀座ビル
2)グローバルイノベーションセンター
3)ニチレイ天満橋ビル
4)ニチレイグループ 技術開発センター

あさり
MSCあさり薬膳カレー1
あさりのスープカレー2
あさりたっぷり根菜カレー3,4


第8回 2023年12月8日 ニチレイ研修センター「スコレ雪ヶ谷」
あさり
あさりたっぷり根菜カレー
第9回 2024年1月10日~12日 ニチレイフーズ 船橋工場
ニチレイフーズ 船橋第三工場
ロジスティクス・ネットワーク 船橋物流センター

バナメイえび
まるごと海老フライ&ハンバーグ
<WWFインドネシア・WWFジャパンとの連携>   10年超にわたる「生命(いのち)の森プロジェクト」を通じて、北カリマンタンの生物多様性保全を推進

インドネシアのカリマンタン島にある北カリマンタン州は、農園や植林地、えびの養殖池の開発などで深刻な自然破壊に直面しています。沿岸地域はえびの養殖池が急増して、森林やマングローブが次々に伐採され、環境の急激な変化により、貴重な野生生物が絶滅の危機にさらされています。
ニチレイフレッシュは、マングローブの減少を危惧して、調達先のPT. Mustika Minanusa Aurora(MMA)社および北カリマンタン州タラカン市と共同で2006年に「生命(いのち)の森プロジェクト」を開始しました。配合飼料や電気を使わない粗放養殖えびを販売し、収益の一部をMMA社の「マングローブ基金」に寄付して植樹活動や地域の生態系保全に役立てられています。現在はWWFインドネシア、WWFジャパンと協力し「WWF北カリマンタン海と森の保全プロジェクト」の一環として養殖改善活動を推進しています。10年間で302ヘクタールに達する面積に植樹を実施し、マングローブ林が回復することで、小鳥やカニ、小魚などの動物が増え、テングザルも外部からの連れてきたものが自然繁殖しました。

  • 半世紀で約50%の森が失われています半世紀で約50%の森が
    失われています
  • 大きく育ったえび大きく育ったえび
  • マングローブの再生マングローブの再生
  • マングローブの再生マングローブの植樹活動

詳細は以下をご参照ください。

あさり漁業で「MSC漁業認証」を取得 ~生物多様性の保全と持続可能な生産の両立を実現~
アマモ場再生に向けた取り組み

ニチレイフレッシュでは、2022年6月より株式会社福岡魚市場および天草漁業協同組合と協同し、熊本県天草市で漁獲される天然芝海老の販売収益の一部を資金とするアマモ場再生活動「生命(いのち)の海プロジェクト」をスタートしました。アマモは魚介類の産卵・保育の場であり海の生態系に重要な役割を果たしています。しかし、アマモは年々減少しており、生物の生存環境が損なわれたり水質悪化の原因となっています。
ニチレイフレッシュはこれまで海外で培ったノウハウや経験を日本で活かしながら、魚介類生態系および海洋環境を保護し、持続可能な水産品調達に積極的に取り組んでいきます。

純和鶏じゅんわけい」を通じた地域循環型農畜産サイクル

ニチレイフレッシュでは、2009年より13年間、岩手県のJA・軽米町や洋野町の農家の皆様と協働で、飼料米プロジェクトを立ち上げ、「純和鶏じゅんわけい」の生産を通じた地域循環型農畜産サイクルを実施しています。スタート時は約15ヘクタールだった飼料米水田も、2021年度では約249ヘクタールまでに広がり、約1,700トン収穫できました。
養鶏の排泄物(鶏糞)を農場内にある高速鶏糞処理プラントで有機質肥料化し、その肥料を鶏肉専用の元休耕田だった飼料用米水田に撒いて土壌の栄養分として活用。収穫された飼料米は「純和鶏」の配合飼料として給餌しています。また、高速鶏糞処理プラントでの廃熱エネルギーは、鶏舎を温める熱源として利活用しています。

  • 高速鶏糞処理プラント
  • 有機質肥料化された鶏糞

薬剤に頼らない養鶏技術:「FA(Free from Antibiotics)チキン」

薬剤に頼らない養鶏技術:「FAエフエーFree from Antibiotics)チキン」

一般ブロイラー養鶏では、病気の治療のほか、密飼いによる病気リスクの予防や、成長促進効果を期待して、抗生物質や合成抗菌剤などの薬剤が使用されています。
ニチレイフレッシュが2004年より17年間販売している「FAチキン」は、ワクチンは使用しますが、全育成期間を通じ、これらの薬剤を使用していません。鶏本来が持つ免疫力を最大限に引き出せる養鶏方法により、抗生物質や合成抗菌剤など、耐性菌を生み出す恐れのある薬剤を使用しない養鶏を行っています。
抗生物質や薬剤を使わないで飼育する養鶏技術では、飼育環境への配慮はもちろん、鶏の健康維持や免疫力向上に役立つ乳酸菌などの生菌剤や植物性の生薬(漢方)などを用い、動物本来の免疫力を高め病気への抵抗力をつけるニチレイフレッシュ独自のノウハウで養鶏しています。抗生物質が投与された鶏糞は土壌菌や地下水にも影響を及ぼすと言われており、生態系サイクルの保全にもこのFAチキンの養鶏方法は寄与しています。

生態系サイクルを脅かす耐性菌

生態系サイクルを脅かす耐性菌

  • 薬剤耐性菌問題:抗菌薬(抗生物質)が効かない「薬剤耐性菌」への対策が、国際的な社会課題となっています。耐性菌とは抗生物質が効かない細菌のことで、免疫力が低下した人間の体内で活性化するとヒトへ抗生物質を使用したとしても効かないという状況に陥ってしまいます。この耐性菌は、薬剤(抗生物質・合成抗菌剤)を投与し続けた家畜の体内で出現すると言われています。米国では消費の現場でも関心が大きく、抗生物質を使用せずに生産された食肉の販売が大きく伸長しています。ヒトの健康維持をサポートし薬剤耐性菌問題に配慮した鶏肉生産を今後も続けていきます。
安心の管理体制:FA監査

ニチレイフレッシュでは、独自の「FA監査」を実施しています。「FA監査」は大きく分けて生産工程確認と製品検査を行います。担当者が定期的に産地に赴き、飼料工場から飼育農場・処理工場まで「FAチキン」の生産の各工程において独自に設定した基準に沿って管理が行われているかを確認しています。また、製品検査としては、(株)ニチレイ品質保証部食品安全センターで「FAチキン」の専用飼料や鶏肉製品の残留抗生物質検査も行っています。ニチレイフレッシュでは飼料から出荷までの全過程を監査して、品質管理に努めています。

「FAチキン」における品質管理システム

生態系サイクルを脅かす耐性菌

サプライヤーとの取り組み

主要なサプライヤーへのアンケート調査と進捗
  2019年度 2020年度 2021年度 2022年度
ニチレイフーズ ・Sedexへ加入 国内自営投資工場(2工場)でSMETA監査を実施 国内自営投資工場(残り13工場)すべてでSMETA監査を実施 ・Sedexワーキングチームを結成
・サプライヤーCSRガイドラインの作成開始 国内のサプライヤーへCSRガイドラインに基づいたアンケートを実施 アンケートを回収継続中 ・サプライヤーESGアンケートを実施
・「ニチレイグループサプライヤー行動規範・ガイドライン」の適用に、国内サプライヤーの89%から賛同
ニチレイフレッシュ アンケート内容の分析・継続 国内・海外のサプライヤーリストを新たに作成中 CSRアンケートを作成中
ニチレイロジグループ
ニチレイバイオサイエンス
サプライヤーESGアンケートの実施

ニチレイグループは2022年4月に「ニチレイグループサプライヤー行動規範・ガイドライン」を制定しました。2022年度は国内のサプライヤーの皆様に対し、サプライヤー行動規範・ガイドラインへのご賛同と、セルフアセスメント質問票へのご回答を依頼する「サプライヤーESGアンケート」を実施しました。
実施したアンケートに対し、89%のサプライヤーから回答があり、そのすべてからご賛同をいただきました。残りの11%のサプライヤーに対しても引き続きご回答を継続しています。アンケートの回答結果から、ESGに関する負の影響が懸念された数社のサプライヤーに対してはコミュニケーションを実施し、問題がなかったことを確認しています。
今後は、アンケートの対象を海外サプライヤーまで拡大するとともに、サプライヤーに当社の持続可能な調達への取り組みやサプライヤー行動規範・ガイドラインへのご理解を深めていただくための説明会を実施するなどし、さらにサプライヤーとのコミュニケーションを深めていきます。

2022年度に実施したサプライヤーESGアンケート

対象 ニチレイフーズ、ニチレイフレッシュ、ニチレイロジグループ、ニチレイバイオサイエンスの国内サプライヤー。対象先の選定にあたっては、各社における取引の重要性(取引量等)などを加味し、取引金額で約50%をカバー。
内容 サプライヤー行動規範・ガイドラインへの賛同を求めるとともに、セルフアセスメント質問票への回答を依頼
設問の設計 サプライヤー行動規範・ガイドラインに沿い、各サプライヤーの取り組み状況を確認するための設問で、「法令遵守・倫理的行動」「人権・労働」「安全衛生」「環境」「マネジメント」「サステナビリティに関わるコーポレートガバナンス」からなる。作成にあたっては、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンが作成した「CSR調達セルフ・アセスメント・ツール・セット(第1版)」を参照。
回答率 89%(賛同率も同じ)
Sedex加入とSMETA監査の実施

ニチレイフーズでは2019年7月にサプライチェーンにおける倫理的で責任あるビジネス慣行の促進を目的に、社会(人権含む)・環境面などの情報を管理・共有するためのプラットフォームを提供する非営利団体「Sedex」に加入しました。2020年10月に「ニチレイフーズサプライヤー CSRガイドライン」を策定し、5ヵ国語で開示しました。2020年度から監査準備を進め、2021年度は国内の自営投資工場13工場において「SMETA監査」の実施を完了しました。自営食品工場のほか、2つの主要OEM先についても各1回ずつ監査を実施しました。2022年度も全工場にて「SMETA監査」を実施しました。

  • SMETA(Sedex Members Ethical Trade Audit)監査:企業、監査会社から構成されるSedexステークホルダーフォーラムが倫理的監査に関するベストプラクティスを集約して開発した監査手法。
畜産物と水産物のサプライヤーに対する人権デューデリジェンスの実施

当社グループの事業活動において上位の調達量を占める畜産物と水産物について、サプライヤーに対する人権デューデリジェンスの取り組みを開始しました。実施にあたっては、お取引の重要性および国別・産業別の人権リスクを考慮のうえ、優先順位を決めています。

2022-2024年度の人権デューデリジェンス実施計画

  2022年度実績 2023年度計画 2024年度計画
対象 畜産サプライヤー(国内チキン) 畜産サプライヤー(国内)
水産サプライヤー(海外)
畜産サプライヤー(国内)
水産サプライヤー(海外・国内)
サプライヤーとの協働

ニチレイブラジル農産有限会社では、契約農家に対してアセロラの苗と栽培技術を提供し、その成果物である果実は同社が全量買い取るというスキームで、農家の指導と地域の雇用、収入に貢献しています。

持続可能な調達に向けた教育

経営層向け サステナビリティ勉強会の開催

有識者をお招きしてサステナビリティに関する経営層向けの勉強会を開催しています。

勉強会の実施風景(オンライン開催)

勉強会の実施風景(オンライン開催)

2022年度

  開催日 テーマ 講師 参加者数
(うち、取締役人数)
ニチレイ取締役
出席率
第回1 2022年4月26日 企業が直面するサステナビリティ課題 (株)ニューラル代表取締役CEO 夫馬賢治様 124名 (6名) 60%
第2回 2022年5月24日 食料と輸送の未来 (株)ニューラル代表取締役CEO 夫馬賢治様 127名 (7名) 70%
第3回 2022年6月28日 持続可能な調達と人権課題 LRQAサステナビリティ(株) 代表取締役 冨田秀実様 139名 (8名) 80%
第4回 2022年8月23日 SDGsの重要性と企業が取り組む意義 SDGパートナーズ(有) 代表取締役CEO 田瀬和夫様 131名 (9名) 90%
第5回 2022年9月27日 サーキュラーエコノミーへの ビジネス変革 アミタ(株) 田部井進一様 140名 (10名) 100%
第6回 2023年1月24日 サプライチェーンで取り組む『人権』
~今、企業に期待される人権デューデリジェンスとは~
NPO法人経済人コー円卓会議日本委員会​
事務局長 石田寛様
154名 (10名) 100%

2023年度

  開催日 テーマ 講師 参加者数
(うち、取締役人数)
ニチレイ取締役​
出席率
第1回 2023年4月25日 地球温暖化の真実 東京大学未来ビジョン研究センター教授
国立環境研究所地球環境システム領域上級主席研究員 江守正多 様
165名 (9名) 90%
第2回 2023年5月30日 生物多様性と資源枯渇 (株)レスポンスアビリティ 代表取締役 足立直樹 様 175名 (10名) 100%
第3回 2023年7月4日 LGBTQから考えるDE&I ー LGBTQ視点が職場と社会を変える ー 認定NPO法人 虹色ダイバーシティ代表 村木真紀 様 173名 (10名) 100%
  • 勉強会の参加対象は取締役会メンバー (社外取締役、社外監査役、事業会社の経営層、部長職は任意参加)
従業員向けe-ラーニングの実施

2022年度

  実施期間 テーマ 受講率
1 2022年5月9日~5月27日 サーキュラーエコノミー 97.1%
2 2022年11月14日~12月12日 SDGs全般 93.8%
3 2022年12月1日~12月28日 ビジネスと人権 93.9%

2023年度

  実施期間 テーマ 受講率
1 2023年6月7日~6月27日 環境(CO₂排出量削減) 93.8%
2 2023年7月5日~7月26日 環境(地球温暖化) 93.1%
3 2023年9月4日~9月25日 SDGs全般 93.2%
4 2023年12月4日~12月22日 ビジネスと人権 94.2%
株式会社ニチレイ 経営企画部, 株式会社ニチレイ 品質保証部, 株式会社ニチレイ 技術戦略企画部, 株式会社ニチレイ 経営監査部, 株式会社ニチレイ 事業経営支援部, 株式会社ニチレイ 法務部, 株式会社ニチレイ 人事総務部, 株式会社ニチレイ 財務IR部, 株式会社ニチレイ 経理部, 株式会社ニチレイ サスティナビリティ推進部, 株式会社ニチレイフーズ, 株式会社ニチレイフレッシュ, 株式会社ニチレイロジグループ本社, 株式会社ニチレイバイオサイエンス, 株式会社日立フーズ&ロジスティクスシステムズ, 株式会社ニチレイビジネスパートナーズ